*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『クレギオン』やってきましたー!

良いセッションだったぜ!
かなーり久しぶりにSFTRPGができたので、おらぁ満足です。

プレイヤー諸氏のがんばりでちゃんと事件も解決したしな!
参加者のみなさん、おつかれさまでした。

でも、知り合いのNPC作るルールの運用は再考が必要かも。
友人作るとどんどん運が良くなるのは、やっぱ変。
スポンサーサイト


25日日曜日にやるクレギオンのシナリオがやっと固まったので予告。

------------------------------------------------------------------------

時は、恒星間宇宙旅行が一般的交通手段となり、人々が様々な恒星系へ移住している未来。
場所は、NF57星系の辺境、いぜん開発途中の宙域として知られるアレイダ宙域ブレダ太陽系第3惑星ディヤウス。

PCたちはブレダ太陽系を中心に半径10光年ほどの一帯を治めている、ブレドム=エリノス連邦王国の特殊警察部隊の一員である。

エリノス=ブレドムは由緒正しきアレイダの最古の国家。
他恒星系との外交貿易による富は王国を潤すがその反面、新進気鋭の勢力”資本家”を生み出すこととなった。
歴史の常だろうか。
力を持った資本家と、これまでの権力者であった王国貴族は、権力の座を巡って激しくしのぎを削りあうことなる。
アレイダ宙域最古にして最強の軍事力を持つ国家は、今や権力闘争のまっただ中なのだ。

PCたちは、そんな活気ある王国で忙しい毎日を送っていた。

そんなPCたちの元に一人の美しい少女が捜査の依頼をしてくる。
学園内で起こった連続殺人の解決してくれというのだ。
権力者の娘の頼みということもあり、PCたちは捜査に着手することになる。

しかし、少女が事件と称していたものは、どれも殺人とは考えにくいものだった。
これは単なる偶然か?
あるいは、神業のような技術を誇る殺人者がいるのか?
はたまた、大戦期に封印された超テクノロジーを使用しての完全犯罪計画なのか?

『クレギオン』SFミステリーシナリオ ”連続殺人症候群”

由緒正しき王国に今、変革の風が吹く!


ちょっと前にやろうとしてたたなかったのが悔しいので、25日にSFTRPG『クレギオン』をやろうと思う。

奇妙な事件に挑む未来の警察物にする予定。


ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。