*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


・アストラル体になったときに物理世界はどのように見えるのか、聞こえるのか? アースドーンを参考にしても良いのか? 調べておくこと。
・ウォッチャー超便利。
・「死者の引き金」ルールをNPCに使わせるには、マスターの覚悟が必要。
・使用可能な精霊は「メイジは獣の精霊が使えない」「シャーマンは火の精霊が使えない」と覚えた方が覚えやすい。でも『ストリートマジック』で変わるような気もする。

スポンサーサイト


あ、そうだ。
成長した点もありましたよ!

4の目みてぬか喜びしなくなりましたよ!
ちょっと感慨深い。

でも、1の目が出るたびに成功したダイスを除けそうにはなります。
このあいだハンターやったからかなぁ。



▼続きを読む▼

土曜日は予定通り『シャドウラン 4th Edition』を遊んできました。

やっと、Dくんにリクエストに応えることができましたよ
リクエスト受けてから、セッションできるまで長かったなぁ。

さてシナリオですが、前回は探偵物でしたが、今回はもっとシャドウランっぽくしたいなぁということでラン物で創ってみました。そこそこ複雑な背景を持っている、そこそこの難易度の仕事を目標にやってみた次第です。

セッションはまったり進んで、PCが無事セッション遂行して終了。
Dくんからはなかなかの評価をいただけたので、良かったです。
頭ひねってランを考えた甲斐がありました。

あと、あいかわらずルールは重かったです。
サマリーをたくさん用意しても、次から次へと調べることがでてきて、もう大変。

前回マスターしてちょっと慣れたんで、楽になるかと思ったんですが甘かったです。ゲームを知れば知るほど、新しい情報がさらに出てくるんですねぇ、このゲーム。ルールブックの内容を縦横無尽に使いこなしたセッションができるようになるのは、いつのことやら。

やっぱ、シャドウランは広大だわ。


今日は『シャドウラン』の準備をしてサークルに行きます。

また、4の目を見てぬか喜びするのかなぁ。
成功に数えるのは5と6だけって、頭ではわかっているんですが、つい「おっ!」と思ってしまいますね。



 ぱっと見の感想ですけど『シャドウラン4th』は、種族の特徴がそれほどでてないのが残念なところですねぇ。

 能力値には差があるけど、文化的にはあまり差がないのが寂しいです。覚醒したで、まだヒューマンの文化から独立できるほどの分化が進んでいないってことなのでしょうか。

 過去のタイムラインの世界である『アースドーン』では、種族ごとにかなりの差があったので、つい比べてしまうんですよね。

 例えば、ヒューマンはこんな感じ。

 俺たちヒューマンのことを話させてくれよ、親友。俺たちも、オークやトロールみたいに肩で風を切って世界じゅうを歩きまわりたいんだ。でも腕ずくの行動が許されるほど、ヒューマンの身体は大きくない。その代わり、俺たちは技を駆使して目的を果たすんだ。魔法や政治、それに金を使ってな。
                                    『バーセイヴ』123~124ページから引用

 どう?
 キャラ立ってるでしょう?

 ファンタジー世界でも、だいたい人間は基本的に種族になっているんで、キャラが立ってないことが多いんですが、『アースドーン』の舞台となっているスロール王国周辺の地域では、人間の数はそんな多くないんですよ。最大多数を占めているのは、ドワーフなのです。

 だから『アースドーン』のヒューマンは、肩身が社会的に身体的にも狭いんですよね。
 脇役になった人間ってのも、なかなか面白いものだなぁと、このゲームやって感じましたよ。

 ヒューマン以外にも、第六世界でもお馴染みのオークやトロール、『シャドウラン』にはまだ出てきないけど『アースドーン』ではPCとして使える種族であるトゥウラングとウィンドゥリングも、かなりキャラ立っていていい感じです。

 個人的には、エルフとドワーフはちょっと落ちる印象があります。
 エルフは鮮血の森関連の設定をうまくいかせれば、ドワーフはスロール王国で最大多数であるって設定をうまくいかせれば、変わってくると思うんですがなかなかに難しい。

 ま、それはシャドウランでもそうか。
 エルフの国の設定とかちゃんと読めば、エルフの特徴をうまく出せるようになるかな?



ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。