*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『カンタベリー物語』を少し読んだ。

これは『混沌の渦』の参考になるなぁ。
PCを巡礼団の面々ってのは使えそうだ。

時代は2世紀ほど早いけど、それでもかなり参考になるな。
スポンサーサイト



 十六世紀の旅人の仲間になるのは大変です。旅には時間がかかり、他人は当てにならず、そして、時代は穏やかではありません。だれも冒険者がどんなやり方をしていたかは知りません。
 それを見つけ出すチャンスです。『混沌の渦』はあなたと友だちのためのロールプレイング・ゲームです。刺激的で、あなたたちを夢中にさせるおもしろさにあふれています。あなたがキャラクターを選び、あなたが方針を決定し、あなたが冒険を演じるのです。

 『混沌の渦』3ページより



 『混沌の渦』を読んでいて、電撃的に気づいてしまった!
 このゲームの職業リストを見てくれ!


   1.貴族
   2.専門職
   3.職人と職工
   4.商人
   5.自由労働者
   6.傭兵
   7.盗賊
   8.聖職者
   9.旅芸人
  10.魔法使い
  11.薬草師


 似てるよなぁ
 『りゅうたま』のクラス構成に!

 しかもだ、専門職・傭兵・魔法使いを、テクニックタイプ・ファイタータイプ・マジックタイプと読み替えたら、もっと似てるように思えないか?

 専門職をテクニックタイプに見立てるのはちょっと無理があるかもしれんが、他の二つは共通点が多いと思う。

 加えて、引用したように『混沌の渦』も『りゅうたま』同様に旅の要素が強いゲームなんだ。

 もしかすると、『りゅうたま』は『混沌の渦』をわかりやすくして遊びやすくしたゲームなのかも……






▼続きを読む▼

 Thronさんのブログ「Flying to Wake Island」の記事が面白かったんで、『混沌の渦』をひっぱりだして読み始める。

 役に立つ記事なんで、『混沌の渦』を積みっぱなしにしている人は読んだ方が良いと思う。特に、『混沌の渦』シナリオ作成ガイドは参考になった。

 ウォーハンマーのシナリオをコンバートするってのは、気づかなかった!
 と っ て も か ん た ん だ !

 シナリオをどう創っていいかわからなくて、これまでずっと積んでいたが、これで遊べる目途が立ったよ。


 次は、チューダー朝について調べてみるか。



▼続きを読む▼

ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。