*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このあいだ、まりおんのらんだむと~くさんのところで「妹が、SFを読みたいと言ってきます」という記事を読んだ。

泣けた、
いや、まじで。

スポンサーサイト


▼続きを読む▼

勇者が凄い顔をして「スクルト! スークールト!」ってわめいている。
おかしいな、勇者はスクルトを唱えることができなかったはずだが……
大声でわめけば、呪文が出るとでも思いこんでるのだろうか?
大事なボス戦で、そんな無意味なことをやっている暇は無いというのに……

まぁ、いい。私は私の仕事をするだけだ。
「ザキ!」

しかし じゅもんは きかなかった!

「スクルト! スゥークゥールトォ!」




あれ?
今、Mongoosepublishingのホームページ行ってみたら、『Cthulhutech』の発売日が「On sale now 」になってたよ?!

出たの?
ホントに出たの?
本気にしちゃうよ?

CthulhuTechCthulhuTech
(2007/12/19)
Matthew Grau、Fraser Mckay 他

商品詳細を見る


あ、ほんとに出てる!

ううん、けっこう高いなぁ。
ああ、まぁ、D&D3.5三冊の合計よりは安いんだけどね。



「断言するが、このオーロシュレルムに善良な神はいない」
「おいおい、めったなことを言うものじゃないよ」
「善良な神がいなさるなら、なぜ我らを見捨てる?」
「これは試練で、神が我々を試しているのかもしれないじゃないか」
「よろしい。善良な神がこの状況を静観していると仮定しよう」
「ああ」
「その場合、神は僕らを助ける力を持ちながら、事態を見逃していることになる。それは実に“邪悪”な行為だよ。善良かつ慎重な神がいなすったとしても、いまごろは天上で堕落しきっているというわけだ!」



『プロフェッショナル 仕事の流儀』を見てて、ぐっときた一言をメモっておく。

 「制約を発見するって創造的なことですね」
 「“制約”こそが宝だ」

これは、シナリオを創るのにも役に立つ言葉だなぁ。
ゲームはルールの制約から逃れられないからね。
ルールを面白く活用できたシナリオは、面白いシナリオだと思う。

ストーリーの面でも制約は重要だ。
タイムトラベル物なんか特にそうだね。
あれはタイムトラベルの中にタイムパラドックスのような制約を発見したことが、たぶん人気の秘密なんだと、今日の言葉を見ていて突然気づいたよ。

まさに制約が、物語を創ってるんだろうねぇ。





あ、拍手ボタン直った。

当たり前のことだけど、やっぱり、行動は大事だなぁ。




拍手ボタンがついたりつかなかったりする謎の状況が発生中。
うーむ、なぜだろう。

何か変わるかもしれないので、ちょっと設定を変更してみました。色とか。
これで何か変わるかなぁ。

第9回TORGオンリーコンが終わりました。

うちの卓はよく立たないことがあるのですが、今回も人が集まりませんでした。
うぬぬ。

ですが、僕をふくめ数卓たたなかったので、マスター達で卓を作ることに。
で、コンベンション慣れしていない僕が、勉強のためにマスターをやらせて頂くことになりました。メンツの凄さにびっくり。

そんなわけで、いろいろと波乱のあったセッションでしたが、なんとかセッションを無事終了することができました。

それも、閉会式5分前までに本編を終了させ、閉会式後にエクストラステージに完勝する完璧な仕上がりでした。さすが、熟練者揃いの卓。

プレイヤーのみなさん、参加ありがとうございました!
オンリーコン参加者のみなさん、お疲れ様でした!

日付的には、もう明日の24日土曜日にまで迫ったTORGオンリーコンのための準備をしております。

シナリオは、シナリオアイデア1を使うことで決定。
経験者専用卓で、時間跳躍ものですよ。
ひどくマニアックな仕様となりましたが、プレイヤーさんの協力でテストプレイができたおかげで、シナリオはなんとか出来ました。ありがたや。

で、今はプレロールドキャラクターの調整とか、サマリーとか準備しているところです。こういう準備が実質的なプレイ時間を伸ばすわけだから、がんばらんとなぁ。




   「 妖 怪 デ コ 娘 」





 このあいだのゲームの時に暗転丸さんから聞いた面白い一言をメモっておく。


 「武器は10トンハンマー!」
 「わ、重ッ!」
 「武器は20トンメック!」
 「あれ、軽ッ!?」




土曜日は、ALGのロストレクイエムキャンペーンの第3話目。
第3話が、あまたの苦闘と全滅を生んだことは知っていたので、キャンペーン開始時からずっと恐れていたのですが、なんとか無事クリアすることができました。よかった。

日曜日は、TORGオンリーコン用のテストプレイ。
なんとか形になりました。これでなんとか来週までに間に合いそうです。
参加し、意見をくださった皆様ありがとう!

久しぶりにがっつりとゲームできて満足した週末でありました。



葉露の新キャラのセリカが、めっさ可愛くて悶絶する。

特に、二人で脱衣麻雀する時のイベントが良いですなー(麻雀ゲームが収録されているわけではないですよ、念のため)。

芝居と本音の使い分けが良いね。
この甘え上手めっ!



11月24日のTORGオンリーコンでマスターをするべくシナリオを練る日々。

で、やっと、TORGのシナリオアイデアを思いつき始める。
しかも、いくつも。
思いつかないよりは全然いいんだけど、もうちょっと前にこの状態になれば、問題ないのになかったのになぁとは思ってしまう。

とりあえず今回の目標は、概要をぱっと面白そうに紹介できるシナリオにすること。


シナリオアイデア1
「夜が明ける前に」
戦争開始初期にタイムスリップしたストームナイト達が、戦争の早期終結をめざして頑張る話。「夜明け前」以前のストーリーラインは有名だけど、プレイすることはあまりないから面白いんではないかと思った。


シナリオアイデア2
「大鑽井盆地に法はなく、オーロシュレルムに神はいない」
オーロシュ化したオーストラリアの荒野を舞台に、銃を持ったキャラクターが集まって西部劇をやる話。考えついて、エディーノスの保安官とか、再び銃を取るサセラム牧師とかの絵面にしびれた。まだ銃を抜いていない敵を殺すと邪悪、抜いたの見てから撃ち殺すのは必要悪。


シナリオアイデア2
「スカイレルムス オブ ストームナイト」
ロケットレンジャーやスタレンジャー、騎士道に目覚めたラヴァゴン、レジスタンスに身を投じたサイゴイルたち飛行可能なキャラクターたちが、ドラゴンや吸血鬼、織田ホーネットのようなこれまだ飛行能力を持った敵たちと空中戦を繰り広げる話。


さて、どうしようかなぁ。



やっと時間ができたので、葉露をアップデートしてみました。

エクストラモードに、ボスクラスの敵が追加されたので、まずはそれと戦ってみることに。

 …
 …
 …

うぉー!
これは強い!
ヒドラも将軍もバカ強です。
HPだけでも、これまでの敵の3倍以上あります。

スーパーレアのアーティファクト「村正」があるんですが、勝てません。
これは長期計画の子育てが必要だなぁ。

……と思ってたら、109部隊率いさせた、さして強くないはずの傭兵剣士がヒドラ倒しちゃいました。

なぬー!?
すげーラッキーだなぁ。

……と思ってたら、傭兵剣士、将軍にまで勝っちゃいました。

なぬー!?
こいつはラッキーとかじゃねぇ。
109部隊つぇぇぇ!

レア宝剣騎士団って、こんな強かったのか……
相手がいないとわからんもんなのですねぇ。



映画について詳しく書いているサイト「サブタレイニアン」で紹介されていた『13/ザメッティ』という映画に興味を引かれる。13人の人間が輪になって、前の相手に銃を向けて行う集団式ロシアンルーレットの映画だそうな。

“集団式”ってところが実に面白そう。
1対1のロシアンルーレットと違って、決着がつくまでに何人も死人が出るから、余計怖いだろうなぁ。

“輪になって”ってことは、殺すのは自分にとって危険じゃない相手(自分に銃を向けていない)で、自分の後ろにいて銃を向けている相手には危害を加えられないということだよね。それはたいへん嫌らしいルールでぐっとくる。


つい書くのを忘れてましたが、2万ヒット行きました!
みなさんありがとうございます。

このブログが続いているのはひとえに
ここを訪れてくださる皆様
ここを読んだくださる皆様
ここに拍手をくださる皆様
ここにコメントをくださる皆様のおかげでございます。

これからも、できればどうぞよろしくお願いいたします。



『バットマンビギンズ』を観た。

犯罪は許さない、でも殺人はしない、でも殺しさえしなければ相手が大怪我を負っても気にしない、人間の身でありながら敵対すればどんな超人類とも戦う。

キングダム・カムとか、ダークナイト・リターンズ とか、イヤーワンとか、ザ・グレーテスト・バットマンとかを読んで、バットマンのそういうまともとはとても思えない苛烈なやり方が好きになった俺としは是非見ておきたい映画であった。

以下はネタバレありの感想。


▼続きを読む▼

ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。