*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日で11月も終わり
今月はけっこうな量の日記を書けたので良かったです。

うまくまとまらずに書けてないネタは多いんですけどね。

特に11月初めにやった『シャドウラン4th』が難しい。
リクエストももらったんで、書きたいとは思ってはいるんですが、なかなかまとめられないんですよね。

どうも情報量が多いのがネックのようです。うまい形式を見つけて、なんとかしたいところです。

スポンサーサイト


これ、むかーし、SFマガジンで紹介記事読んで読みたくなった奴だ。
名前を忘れてしまわないようにメモしておこう。

マイクロチップの魔術師 (新潮文庫)マイクロチップの魔術師 (新潮文庫)
(1989/01)
若島 正ヴァーナー・ヴィンジ

商品詳細を見る


ウィキペディアの説明はこんな感じ




今日は『スターレジェンド』のマスターをする予定。

ところで、このゲームって、通称なんて言うんだろう。
「スタレ」、それとも「スタレジェ」?

TORGオンリーコン終わった後すぐなんで、そういうの聞くとすぐに「スタレンジャー」が思い浮かんでしまうよ。




  『葉露』を何周か遊んでやっと、ドワーフ湖での釣りをしながらちゃっきーとハヴェルがした会話に隠された意味がわかったような気がしたよ。

 ネタバレしてるんで、読みたい人だけどうぞ。



▼続きを読む▼

『電撃テンジカーズ』を読みました。

電撃テンジカーズ 1 (1) (電撃コミックス EX 75-5)電撃テンジカーズ 1 (1) (電撃コミックス EX 75-5)
(2008/02)
古賀 亮一

商品詳細を見る

満足。
古賀亮一は毎作品面白いなぁ。
ハルカと太郎の三蔵コンビで、違う方面のボケを担当させるところが面白い。
巧妙です

あと、悟浄は変なのに格好いいし、八戒は可愛いし、猿は期待通り出てくるしといった、西遊記のヴァリアントとしても面白いのが良いですな。そういう風に変えてくるとはさすが。

「おいしさ反応が高いぞ」とか「エッチピストル付近をもしもし」とか、言霊力の強さも相変わらずアベレージ高いんででグー。



 物語を「出来事中心に捉える」のと「人物中心に捉える」のって、編年体と紀伝体ぐらいの差があるんじゃなかろうか、と、ふと思った。

 ちなみに私の脳のセッションの基本的な捉え方は、編年体式ですよ。

 でも『アルシャードガイア』とか『ダブルクロス』とかのプレイヤーをやってる時は紀伝体式かな。マスターの時は割と編年体式なんだけどね。

 となると、マスターは編年体式でプレイヤーだと紀伝体式なんだろうか。でも、D&Dなんかの時は編年体式な感じがするなぁ。

 あっ、『Hunter:The Reckoning』のストーリーテラーやってる時は、紀伝体式でシナリオを創ってたような気がするぞ。

 うーん、この考え方、意外と面白いな。
 発展させていけば、割と使える概念になるかもしれん。

 さて、貴方はどっち?



 オンリーコンが終わったので再開しました、人間戦車。
 天竜トンネルで負けて、やっとストーリー分岐するところにきましたよ。



▼続きを読む▼

日曜日はTORGオンリーコン後夜祭で『騎士の帰還』のマスターをやってきました。

良いセッションになりました。
ストームナイトに暖かみのある連帯感を感じられたのが、とても良かった。

時間がおしてしまって細やかなエンディングができなかったとか、説明が足りないところがあったとか、ラスボスの描写がうまく深められなかったとか、私が失敗したところがいろいろとあったのですが、プレイヤーの皆さんのおかげで良いセッションとなりました。

楽しかったです。
参加ありがとうございました。

そして、参加者の皆さん、お疲れ様でした。



TORGオンリーコンしゅーりょー
みなさまお疲れ様でしたー。

 うぉーッ!
 「焼肉万歳」のホームページ見ましたか!?
 『とつげき!人間戦車』の続編の情報が出ていましたよ!

 その名も『とつげき!人間戦車 ALTeR』!
 なんか、ALTeR仙人とか出てきそうなタイトルですね。

 今回はジャポン王国の側からのストーリーのようです。
 しかも、元帝国最強部隊「大本営反乱軍」も敵として出てきそうな感じ。

 ご、ごくり。
 出るかは限りませんが、出るとすれば、本当に恐ろしい敵ですな。
 その大本営反乱軍は何周したのかなとか考えるだけで、恐ろしい。

 これは楽しみ。
 さらなる情報が待ち遠しいですね。

 とりあえず、無印を100%クリアしておかねば。



いよいよ、TORGオンリーコンですね!

俺は今回参加できないので、超残念です。
参加者の皆さんは楽しんできてくださいねー!



 日記書いてて思ったけど「ちまちま」って聞くと『妖怪探偵ちまちま』を思い出しますよね。

 って、今じゃ誰も知らないか。
 そーいーゲームが昔、あってね。
 買おうか買うまいか悩んでいるうちに近く電気屋から無くなってねぇ。
 懐かしい。

 ちょっとググってみるか。

  …
  …
  …

http://www.bothtec.co.jp/mobile/v/chima/chima.htm
http://game.goo.ne.jp/retro/title/RGMEGGEBOT1004/index.html

 ゲゲーッ!
 移植されてるーッ!


 

 6週とか10週とか、うーん、みんな凄いなぁ。
 俺はまだ2週目の初めですよ。

 とりあえず決闘場はクリア!
 勝利回数15回、大勝回数13回、戦闘回数28回での勝利です。

 戦力的にはかなりきつかったですが、なんとかなりました。

 自爆を駆使すれば、弱めの戦力でもギリギリなんとか黒字で勝てるところが、やはり面白いところですな。



日曜日もTORGを遊んできました
二日連続ですよ。

シナリオは予定通り、シナリオヒント集『女王の怒り』より、「ボディアム城の亡霊」と「カーン・アッバスの秘宝」でした。

いろいろ改造しましたが、それでもかなりまったりしたシナリオでした。
やー、こんなまったりしたTORGをマスターしたのは初めてかもしれないなぁ。

でも、面白かったです。

よく考えたら、僕のTORGプレイヤー経験の大半は「ありまさんのど派手なシナリオ」と「暗転丸さんのキャンペーンへの途中参入」が主なので、まったりした雰囲気でのTORGを遊んだ経験があんまりないのでした。

ざっと思い返してみると、いつもせっぱ詰まった状況のシナリオだったような気がします。

そういう刷り込みがあったので、「TORGはシナリオをせっぱ詰まった状況で派手なことをやるゲームなんだ」と思いこんでいたのでしょうねぇ。

いろいろと勉強になった二日間でありました。

「えるふみみ魔法王国植民地」さんに『WAY2』の話題が!
ニンヤさんの絵付きで出ていましたよ!

予告が、年末くらいに『葉露』のパッチとして出るそうなので楽しみです。




 相変わらず『葉露』をやってます。
 で、このあいだの14日、定例通り葉露さんからチョコを貰いました。

 呪われたチョコをな!
 何をやったんだ、ハヴェル!
 ハヴェール!


▼続きを読む▼

土曜は予定通り『TORG』のマスター。

やったシナリオはシナリオヒント集『女王の怒り』のエピソードの一つ「トンネル」。
アイル・サイバー教皇領間の地下に出来たトンネル「ドーバー・カレートンネル」の内部を調査するシナリオです。

騎士、ロケットレンジャー、忍者、ゴタック、元ホスピタラーでまったり踏破してきましたよ。



今日はTORGの予定。
ルール説明を丁寧に行うために、ある程度作成済みのキャラクターを使って貰うつもり。
レルムとクラスは以下のとおり。

アイル・名誉の騎士
ナイル・スーツが強いぜ、ロケットレンジャー
ニッポンテック・武道が強力、忍者
リビングランド・死せる物も奇跡も使える、ゴタック
サイバー教皇領・サイバーパーツと奇跡と大火力を持つ、元ホスピタラー
オーロシュ・変成魔法も使う知性派、ヴァンパイアハンター
コアアース・TORGの定番レルムランナー

これに、武道と奇跡と魔法とサイバーパーツとギズモと名誉の個別サマリーをつけて終了。

時間かかったわい。



 
    「  ラ  ー  メ  ン  ダ  イ  ス  」




『ガンスリンガーガール』の10巻を買いました。
通常版で!

GUNSLINGER GIRL 10 (10) (電撃コミックス)GUNSLINGER GIRL 10 (10) (電撃コミックス)
(2008/10/27)
相田 裕

商品詳細を見る


って、しまったー
限定版があったとはしらなんだ。

GUNSLINGER GIRL 10 with Libretto! (電撃コミックス)GUNSLINGER GIRL 10 with Libretto! (電撃コミックス)
(2008/10/27)
相田裕

商品詳細を見る


ネタバレが恐ろしくてネットでの情報収集してなかったからなー。



・このゲームも毒が自動的に治らない。
・ブレインチップの身体がどうなっているのかよくわからない。
・ヘタレTくんが使いたがっていたので、パワードスーツについて調べてみたら、サプリメント『スペースフリート』44ページにその運用方法が載っていた。

 それによるとパワードスーツを搭載できる船(マザーシップ以上の船)をもったキャラクターの許可を得られればパワードスーツのみの所持でも構わないとのことである。

 とはいえ他人の船に乗せておくことは、運用の柔軟性を失うことでもあるので、このルールの使用には注意が必要だろう。個別導入が一般的に行われるゲームだし。

 なので、やはり自分でマザーシップとパワードスーツの両方を持っておく方が便利であろう。
 そう考えると、経験点の持ち込みによる「複数機体の所持」を許可することは、このゲームのマスタリングをするうえで悪くない選択かもしれない。成長に回すのを許可するのと違って、実力の差は出にくいのではないだろう。
 「2機目以上のヴィークルを買う場合、必要な経験値を手持ち経験値から出すことができる。ただし最大で15点まで。なお、1機目のヴィークルを中古で買うことは不可とする」というところだろうか。


・あいかわらずテクノロジストの《鉄の守護者》が強かった。が、FAQを確認したところ使い方を間違えてマスタリングしていた模様。正しくは以下のような流れになるようだ。

 1.攻撃者が攻撃が行ない、ダイスが振られ、達成値が出る。
 2.ここで《鉄の守護者》を宣言。《鉄の守護者》を防御行動として判定する。
 3.防御なので、《鉄の守護者》の達成値が同値以上か1個でもクリティカルすれば、攻撃は失敗。
 4.攻撃は失敗するが、REVは判定が失敗した後でも使えるので、もしREVが使用されれば、攻撃はクリティカルになる。
 5.攻撃者がREVを使っているか、あるいは《鉄の守護者》がそもそも失敗していれば、攻撃が行われる。
 6.攻撃の対象が防御を行う。

 こうした流れになるということは、《鉄の守護者》もREV持ちに対しては、絶対的な強さを持っていないということになるな。

 とはいえ「5個クリティカル、ダメージ+5d10」のような強烈な攻撃を「失敗をREV1点使ってクリティカルに変更。1個クリティカル、ダメージ+1d10」のように減らすことはできるわけだ。

 また攻撃者がクリティカル値を下げたり、ダイスボーナスを得るタイプのREV特技を使っている場合は、それなりに有効だと言える。

 誤読していた時よりは少々弱まったが、それでも持っていて損のない特技ではある。



 『スターレジェンド』で「研究基地X1」を遊んだレポートの続き。

 シナリオの内容は、ブラックホール観測ために小惑星を改造して造られた基地の内部で起こった事件を調査するというもの。

 このシナリオは、なによりロケーションがいい。
 「嵐の山荘」型のシナリオなんだけど、それを一般的な状況設定で構成するのではなく、ブラックホール側の小惑星型の研究基地を舞台にしたところがナイスだ。
 「ああ、俺は今、SFTRPGをやっているんだなぁ」という気にさせてくれる。
 
 さて、このシナリオに挑んだPCは以下のとおり。

PC1
ジャック・ビランディ/PL ヘタレTくん
アウトロゥ/テクノロジスト/テクノロジスト
人間/男/21才
 ハンドアウトは、研究基地に協力している宇宙船パイロット。
 科学者で冒険家で宇宙船パイロットでPC1というわけだ。
 実に良い主人公だ。科学者が主人公というところが実にSFらしくて良い。キャプテン・フューチャーやラルフ124C41+やデュケーンなどを思い出すなぁ。
 データ的には《*リザレクション》と《鉄の守護者》要員。《鉄の守護者》は相変わらず強いねぇ。この特技あるかないかで、かなりバランスが変わるね。
 プレイングとしては対人戦闘時に、人数が減っても勝てるとふんで《*リザレクション》を使わなかったところの見切りが良かった。REVの残量は生死をわかつからねぇ。

PC2
アリシア・エスペリーネ/PL 白霧七海くん
マーチャントプリンス/キャプテン/スリンガー
人間/女/18才
 メイドを連れ歩く大金持ちのお嬢さん。
 ハンドアウトは、研究基地のスポンサー。
 キャプテンの特技である《旗艦所有》を使って戦艦を取得している。こういうキャラクターが創れるのが、このゲームの良いところだ。もちろん、戦艦はテクスチャーじゃなくてデータがある本物なので、めちゃ強いです。ラスボスよりもHPあるんだぜ?
 対人戦闘でちょっと攻め手に困った時に、特定の値段以下のアイテムを即座に所有することの出来る《*黄金の林檎》を使用して対物ライフルをゲットし、攻撃にうつるプレイングが良かったよ。

PC3
ジョンズ・フィリップ/PL GTくん
アウトロゥ/アウトロゥ/エクスプローラー
人間/男/22才
 二丁光線銃をひっさげた考古学者
 名前+名前という現代では奇妙な名前であるところが、未来での文化の変容を感じさせて良いね。
 ハンドアウトのせいで、12才の女の子を友達にせざるを得なくなって苦労しているところが印象的だった。そういう時は関係を「友人」じゃない、もっとやりやすい関係にすると良いと思うよ。
 戦闘ではアタッカー担当。時間の都合があって、彼だけクイックスタート使用なんだけど、特に見劣りするところはなかったね(使ったのは“冒険家”)。このゲームのクイックスタートは優秀ですな。
 あと良い読みをしてたね。その考えを他人を納得させることができれば、その読みをもっと活かすことができるでしょう。

 で、この3人が「研究基地X1」に挑んだわけだが……

 シナリオのちょっとした仕掛けはちゃんと気がついてクリア。
 データ的にバランスの良いメンツだったのもあって、戦闘も特に問題なく勝利。

 どっちかといえばミスったのは、俺の方。
 いやー、うっかり「敵のグループ」と間違えて「敵ヴィークルのグループ」を出してしまった。途中まで「このゲームの雑魚って強いなぁ」と思いながら戦ってたよ。

 すんません。
 死者が出る前に気がついて良かった。

 でも、「人間を相手にしていると思ったら艦隊だった」ってのは、スペースオペラならあってもおかしくないシチュエーションだよね!

 ……そうでもないかな?

 まぁ、なにはともあれ、参加者の皆さんお疲れ様。


 あと、もし貴方がこのシナリオをマスターすることを考えているのなら、一つアドバイス。
 以下はマスターしたい人だけどうぞ。


▼続きを読む▼

 『とつげき!人間戦車』クリアーッ!
 以下は、ネタバレありなのでご注意を



▼続きを読む▼

今回は『とつげき!人間戦車』の、番外編で出てくる超強敵との戦いについて。
ネタバレありなのでご注意を。



▼続きを読む▼

岸虎次郎の『スピードスター』を買う。

ぜんぜん知らない作者のマンガだったが、面白かった。
1冊でこの読み応えはなかなかだなぁ。
他の作品も探してみよう。

スピードマスター (ヤングチャンピオンコミックス)スピードマスター (ヤングチャンピオンコミックス)
(2007/09/07)
岸 虎次郎

商品詳細を見る


 土曜日はFEAR製のスペースオペラTRPG『スターレジェンド』のマスターをしてきたぞ。

スターレジェンド (ログインテーブルトークRPGシリーズ)スターレジェンド (ログインテーブルトークRPGシリーズ)
(2004/04)
銅 大ファーイーストアミューズメントリサーチ

商品詳細を見る

 FEARゲーの中でもマイナーなアレだ。
 シーン制で、ブレイクスルーリソースもある、「いわゆるFEARゲー」的な要素はちゃんと備えているのになぁ。まぁ、それは『ドラゴンアームズ』や『ニルヴァーナ』も同じか。

 やったのは基本ルールブック付属のシナリオ 「研究基地X1」。
 「けんきゅうきち かける1」に見えるかもしれないが、これは「けんきゅうきち エックスワン」と読むのだ。

 ちなみに
「X1? 研究基地といったらガンマじゃないの?」
「あの変なロボットがいる基地のこと?」
 等々のツッコミは来なかったよ。



▼続きを読む▼

9Joeのらくがき帳」さんのところで紹介されていた『OKKO』というボードゲームが面白そう。

この戦闘ルールは惹かれるなぁ。



▼続きを読む▼

・アコライトはプロテクション飛ばしてるだけで面白い
・スロウも面白い。戦場を自分がコントロールしてるって、良い気になれる。
・たぶんヘイストも面白い。
・でも、取れる技能は少ない。
・FEARはホントに聖杯好きだなー。
・バッドステータスの毒が意外にやっかい。毒消しがないと、治らない。戦闘が終われば治るという記述も見あたらない。シナリオ中ずっと治らないのだろうか。恐ろしい。しかし、それはまさに「毒!」って感じがする。


・アストラル体になったときに物理世界はどのように見えるのか、聞こえるのか? アースドーンを参考にしても良いのか? 調べておくこと。
・ウォッチャー超便利。
・「死者の引き金」ルールをNPCに使わせるには、マスターの覚悟が必要。
・使用可能な精霊は「メイジは獣の精霊が使えない」「シャーマンは火の精霊が使えない」と覚えた方が覚えやすい。でも『ストリートマジック』で変わるような気もする。



蓮田市民さんに情報を教えて貰ったので、アリスソフトの新作『AliveZ』をホームページに見に行ってみた。

え?

こ、これって……
『AmbivarenZ -二律背反-』の続きなのか!?

おお、マジ?
開発日誌見ると、CGの文章に「修羅」とか「草薙(負)」とか出てるし、
タイトルもAとZだし、
期待せざるをえませんよ?

ああ!
続編だとしたら!
一番気になるのは!
有馬神父とアスタの出番はあるんだろうかってことですよね!






ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。