*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ゲーム終わりは、D&D3.5で赤い手キャンペーンでした。

 ついに9レベル突入
 経験点の換算は終了。

 アイテムの奪取も完了。
 サイオニック武器の07番をここで引くとはなー!
 さすが、ホッチさん。

 レベルアップ作業はこれから。
 モヒカンを3レベルにするか、クレリックを上げるかが悩みどころですね。


 ちなみに今年のゲーム初めは、「死にバラ」でした。
 この年の初めに「死にバラ」を持ってくるとは、さすがホッチさん。
 まるでエスパー。

 コミケ3日目には行きませんでした。

 では、良いお年を。

スポンサーサイト


コミケ2日目は、焼き肉万歳『とつげき!人間戦車 LIMITED OPERATIONS 』を第一目標に行ってきました。

なんとか買えました、ラス1で!
ちょっと遅かったら危なかったなぁ。

その後、委託されている『ゆいのコトノハ』を買いに東方ブロックに。
どれくらい混んでいるのかと恐怖しつつ行ったのですが、昼過ぎなのもあってか、それほど混んではいませんでした。内部に通行規制をしいたりすることで混雑を緩和していたようです。おかげで特に苦労なく買えました。

帰ってきて、『とつげき!人間戦車アルタ』の富士大洞窟をやっとクリア。
これで心おきなく新作にチャレンジできるぜ!

コミケ1日目終了ー。

吟味はこれからですが、買いたい物はだいたい買えました。
少しお手伝いした@すおうさんの本も頂けましたしね。
ありがとうございます。

ただ、どどんとふの本が買えなかったのは残念。

コミケでは、いろんな人とお会いできて良かったです。
でも、話しかけるタイミングを見計らうのは難しいです。
うまくお客さんのいない時期に合わせなくてはいけないですからねぇ。

終了後は、はやわかさんと合流。
書泉に行ったり、コンスピラシーX2.0をお勧めしたりしておりました。

Conspiracy XConspiracy X
(2006/05/15)
David F. Chapman

商品詳細を見る


そうそう書泉ではドクター・フーのTRPGがありましたよ。
ボックスゲーでした。

Doctor Who: Adventures in Time and SpaceDoctor Who: Adventures in Time and Space
(2009/11/11)
David F. Chapman

商品詳細を見る


……これを買って読めば、俺にもああいう凄いシナリオが書けたりするのかなぁ。

1話目は、「三匹が来とるー」
三人の探索者が野盗の集団に狙われた村を守ってほしいと頼まれる話。
しかし、そこは「おほこらさま」という聞いたこともない神を祭る村だった。

というクトゥルフの定番ネタを盛り込んでみたシナリオ。

戦闘がたくさんあるシナリオだったんだけど、うまいこと回避されてしまう。
やるな!

「戦闘向きに作ったのに、ぜんぜん戦闘しなかったなぁ」

いや、華麗に回避してそんなこと言われても!
俺のせいじゃないよ!


戦闘回数が少なかったため時間が余っていたし、プレイヤーがそんな不満げな顔をしていたので2話目に突入。

2話目は、「死者の平家物語」
基本ルールブックの付属シナリオ「死者のストンプ」を翻案したシナリオ。重要NPCはジャズ奏者ではなく、四つ辻で美しい声の法師から弦の数が2本多い奇妙な琵琶をもらった琵琶法師。

ちなみにラストに起こるイベントは、海辺から人頭蛇神の神話的生き物が上がってくるというものに変更。

「あーあ、怪物見ちゃった」
「では、正気度判定。失敗したら1d10減るよ」
「やべー」

しかし、探索者達は全員狂気に陥らずに、ここを切り抜ける。
失敗した人間も、狂気に陥らずに切り抜けるとは運が良いなぁ。

弓をひとしきり射てから突撃という作戦で、襲い掛かる探索者。
しかし、ぜんぜんダメージが全然通らない。

「かたすぎねぇ?」
「そんなことはないよ、君らの鎧と同じくらいのかたさだって」
「6点か!」
「弓でも効果的成功が出れば通るな」

そうそう、そういう話になるよね。
後期のルンケでよく見た光景だ。

地侍みつは隠れながら接近。
殿様久智は馬で目立ちながら接近。
忍者の智忠は自分を癒しつつ、《神速》で弓連射。

まず、みつが幸先良く、身を隠しながら《徹し》を命中させ、18点ダメージをたたき出す。

「どうだ!」
「まだ、生きてるよ」
「では、付随効果があるから、CON×5判定をやってくれ」
「そんなものまであるの? まぁ、いいや、了解。×5だと250以下で成功だな。はい、成功」
「げ、げげー!」
「ということは、HP50くらいか?」
「そうかもね。でも、みつの《徹し》が3発当たれば死ぬよね」
「MPが持つかどうかだなぁ」

怪物の攻撃は、久智が槍をがんがん壊されながらブロック。

「槍をもてー!」
「これが最後です、殿!」
「なにっ!?」
「怪物に殺された犠牲者の槍を拾ってきますから、それまでご辛抱を!」

そんな中、みつが攻撃。
しかし、みつは《徹し》を1発外し、1発避けられてしまう。
弓の智忠は効果的成功を未だ出せず。

絶望が三匹を襲う。

しかし、その時、一条の光が!

「あ、見ろ、馬強いぞ」
「あ、ほんとだ」
「おお、本当だ。じゃあ、乗馬技能で馬に踏みしだき攻撃させていいよ」
「え、いいの?」
「いいよー、正気度判定させてまで連れてきたわけだし。失敗したら、馬が狂って、君らのこと踏んでた可能性もあるだろう?」
「あー、確かに」

そうやって参戦した馬が、なんと効果的成功をたたき出す。
馬のダメージボーナスもあいまって凄いダメージに。

みつが完全攻撃役から刀でのブロック役になり、久智に余裕が出たことなったこともあって、結局、そのまま馬が怪物を踏みつぶして、戦闘終了とあいなった。

「馬つえー」
「馬無双かよ!」

うーん、乗馬で攻撃は強すぎたかな。
でも、発狂した時のペナルティを考えると、これくらいで良いだろう。

あと、運の問題とはいえ、弓キャラに不遇な戦闘であったことを反省。俺もさんざんルンケで弓の辛さを味わったから、弓とはそういうものだ!ですましてもいいんだけど。

でも、やっぱり、平家物語がらみのシナリオであるにも関わらず、扇を射るシーンを絡ませられなかったのは大きな反省点だな!

こんな機会滅多にないのに!

そうだなぁ。
突然、扇を持った女性ががあらわれて、その扇を射ると敵も味方もあまりの素晴らしさに動きがとまるとかかな?

で、そのあいだに射手キャラは敵を一回射るチャンスを得ると。

……やっぱり、浮いているなぁ。



このあいだ『比叡山炎上』を遊んできたよ。

キャラクター作成レギュレーションは、

・術一つ取得可能(つまり50%分ボーナス)。取得できる術の範囲は職業による。
・修羅技能は誰でも20%まで取得可能。20%取得した探索者は、普通の死体ならば驚くことがなくなる。
・職業の取得可能技能に修羅が入っている場合、「自由一つ」と読み替えて良い。ただし、20%を超えて修羅を取得したいならば、修羅技能は必要。

という感じでやってみた。

こんなレギュレーションで創られた探索者は以下のとおり

近江屋久智
馬上から槍を振るう武将。たぶん美肌。
三間槍を使う足軽が部下にいる。
地位80、年収8万文の偉い人。
通称、殿様。

松本屋みつ
+18ダメージ追加、鎧無視の《徹し》の技で攻撃、刀受けで防御する、千年不敗チックな地侍。
POW18、正気度90スタートという驚異のエリートだが、そこはクトルフ。
本を読む係を任ぜられたりするため、それほど正気度に余裕があるわけではなかった。合掌。

若狭屋智忠
《神速》してから弓を2回射る忍者。
しかも回復能力持ち。
ルンケの射手っぽいなぁというのが俺の印象。

の三匹でプレイ。
殿様、忍者、刀持ってる戦闘系と、良い感じに三匹だったよ。

松本屋にあだ名付けるなら、千年かな?



▼続きを読む▼


「ああ、いやいや」
「はすたー? いやいや、はすたー?」
「はすたー?」
「くふあやく、ぶるぐとむ、ぶぐとらぐるん、ぶるぐとむ、あい、あい!」
「はすたー!」



第2話は、過激な環境保護団体ノア・クルーセイダースが絡む話。

半魔たちが人間の団体と見たところを、洗脳攻撃で先制パンチを入れて、度肝を抜くところから開始。

ノア・クルーセイダースのデータ創ったデザイナーはホント良い性格してるよ。
洗脳、拉致、監禁、軟禁、特技の名前からして実にえげつない。

例え人間をはるかに超える力を持つ半魔でも、人間の社会に溶け込もうとする限りは、普通の人間くらいの力しか振るうことができない。そこを人間としての力の行使を突き詰めた者達に突かれれば、人間として振る舞う限り、ほとんどの半魔はまず勝てない。

金、権力、組織力、言葉による洗脳力、これらの力ならば半魔が化けている人間個人などよりも遙かにノア・クルーセイダースの方が強い。この事実を感じられるセッションになった。

『魔獣の絆』における“強さ”の多様性を再認識したよ。
人間としての能力だけを使うならば、たいていの半魔は、人間時、最強クラスの人間に勝つことができないんだよねぇ。


いきなり反省から入ってしまったけど、セッションは結構面白かったよ、『魔獣の絆』。

PCは
小説家の「寄生体」
喫茶店のマスターをご主人様としているウェイトレスの「自動人形」
三流映画監督をやっている「魔王の息子」
の三人。

で1話目は、この三人が銀行にやってきたところを銀行強盗に襲われるというシナリオ。

もちろんPCたちは半魔であり、人の姿から本来の姿に戻れば、普通の人間とは比べものにならないくらい強い。
しかし、他の人質が居る前にうかつに正体を明かすわけにもいかない。

『魔獣の絆』、というか変身ヒーロー物の王道シチュエーションで臨んでみた。
しかも、キャラクター同士の相関関係が、さらに状況を複雑にする。


自動人形は、ご主人様を守りたいという「エゴ」を持つ。
しかし、マスターの前で本来の魔物の姿に戻ったら、ご主人様との「絆」の危機になるため、うかつに変身できないのがジレンマ。

寄生体は、特に人々の心をおもんばかる義理はない。
しかし、強盗団がなにやら変な動きをしているため、その真意を知りたいという「エゴ」があるため、まずは静観の構え。

魔王の息子は、人間のままで強盗団をなんとかした方が面白いだろうと考え、行動開始。しかし、そんな真実を知りもしない強盗団の一人が、魔王の息子のプライドを逆撫でし始める。

もし、魔王の息子がプライドという名の「エゴ」に流されてしまったら、即座に半魔に戻り強盗団を血祭りに上げる可能性は大だ。加えて、その光景は人質たちをも恐怖によって発狂させるに違いない。

そして、喫茶店のマスターもそうなってしまったら、主人を失った自動人形もまた何をしでかすかわからなくなる。

そんな阿鼻叫喚の地獄図になれば、寄生体が知りたがっている真実も探りにくくなる展開につながるだろう。

ちょっとの引き金が何もかもを破滅に導きかねないのだ。
そんな火薬庫の上にいるような状況の中で、強盗団は魔王の息子を殴りつけるのだった。

魔王の息子はエゴを抑えられるのだろうか……


▼続きを読む▼

 このあいだ書いたように、久しぶりに旧版の『ビーストバインド 魔銃の絆』を遊んだ。
 面白かったけど、反省点の多いゲームでもあったよ。

・ルールブックを持っていて、しかも遊んだことのあるプレイヤー
・ルールブックは持っていないが、遊んだことはあるプレイヤー
・新版ビーストバインドは遊んでいるが、旧版は全く知らないで、しかも遅刻してきたプレイヤー

 この三人相手のプレイで、初心者さんのためのルール説明にてまどってしまう。

 うーん、いろんなゲームのルールを何度も説明して敬虔積んでいるはずなのに、うまくいかんものだのう。気を付けないと。


 しかし、よく考えてみると、それは当たり前のことであった。
 初めから、こういう状況でのルール説明は、あんまりうまく無かったのだな!

 俺が経験値積んでるのは「卓のプレイヤーの誰もが全く知らないゲームを説明する」スキルだったよ!

 わかっているように遊んでいるプレイヤーのわかっていない部分を的確に見抜いてフォローする技能の経験値はあんま積んでなかった!

 あと、一人でどんどん関連ルールの話をするベテランプレイヤーの相手をしながら、脳を切り替えて初心者用の基礎的な説明をするスキルも多分足りないな!

 俺がいつも相手にしているのは、完全に横並びでルールを習っていく人ばかりだもの。知っているルールの段階が異なっている人間を一度に相手する経験値は足りないのであったよ。

 習熟度が違う人間に同時に教えるのって難しいものだねぇ。
 俺たちを教えてくれた先生にも、そういう苦労があったんだろうなぁ。




 セブン!
 セブン!
 セブーン!

 というわけで、ついに頂いた拍手の総数が777に達しました!
 ありがとうございます!

 拍手の表示は未だに直っていませんが、私にはちゃんと届いております。
 感謝です!

 なお、拍手表示の問題については、FC2ブログの最新障害情報に掲載されていたのを確認。
 原因がわかって、安心しました。
 自分で何かできる問題でもないようなので、のんびり待つことにします。


 GURPSドラゴンマークは立ちませんでした。
 残念。

 しかし、『ビーストバインド 魔獣の絆』と『メイジ:ジアセンション』が遊べたので、それはそれで満ち足りました。

  うーん、改めてみると凄い組み合わせだ。



 はやかわさんにお借りした『The book of madness』をちょっとずつ読んでいる。
 その中のネファンディ(穢れの民)の項目を読んでいて、ふと気が付いた。

 ネファンディとは、昇華を目指すのではなく、世界を無に帰すことを目的とする堕落したメイジの一派である。

 ネファンディは使う魔法にも特色がある。それは“クリフォト領域”という領域に属する魔法である。簡単に言うと、他のメイジが使う領域を反転させたようなものである。

 伝統派のメイジは「空を飛ぶ力を発生させる」。
 テクノクラシーは、これを科学的に行う。
 ネファンディはちょっと違う。「重力を否定することで浮き上がる」のだ。

 私はこれまでは『The book of madness』の文章を正確に訳すことで、クリフォト領域のの効果を知ろうと思っていた。

 しかし、「クリフォト領域の魔法は、変化だけでなく、否定でもある」というルールを守れば、もっと自由に考えても良いことに気が付いた。

 ルールを守りつつ、イメージを膨らませるのは、メイジの基本だよな。



どうも拍手が表示に反映されていないような感じです。
データとしては記録されているようなので、まったく無になっているわけではないですけど、困りますねぇ。
早く直ると良いんですが。



富士樹海64層

 ひゅぅーうー

 ……わ、我が部隊が10分で壊滅だと!?

▼続きを読む▼

くらら奇襲戦
 もう一つの「難易度:鬼」に挑戦。

 つ、つぇぇ!
 ゆうれいが強すぎて、歯がたたん!

 でなおそっと。


▼続きを読む▼

この日記を書くために、フリーモードでマップを確認していたら、

地下32階【ハード】

という謎のマップを発見した。
なんだ?
なぜ地下32階をもう一度やるんだ?

難易度は……鬼!?

おお、これは面白そうだな。
ちょっと、やってみよう。

32階ってどんなマップだったかなー。

 ……

▼続きを読む▼

富士樹海55層
 このステージにきたベテラン指揮官は戦慄を覚えるだろう!
 ないわー、コレ、と!

▼続きを読む▼

一気に降って、やってきました
富士樹海51層

▼続きを読む▼

忘却に苦しみながらも進む富士樹海。
その第38層

▼続きを読む▼

富士樹海33層


▼続きを読む▼

これまでの経緯。

第01話「ドラゴンマーク登場!」クロノジェムあり
第02話「ドラゴンマーク再び!」クロノジェムあり
第03話「海の上のドラゴンマーク」クロノジェムあり
第04話「ジェラシック・ドラゴンマーク」クロノジェムあり
第05話「ドラゴンマーク 殺人野球編」クロノジェムあり
第06話「接続されたドラゴンマーク」クロノジェムあり
第07話「ドラゴンマーク バイ ガスライト」クロノジェム×
第08話「ドラゴンマークは女科学者の夢を見るか?」クロノジェムあり
第09話「変身せよ! ドラゴンマーク」クロノジェム×
第10話「ドラゴンマークとドラコニスの秘密」クロノジェム×
第11話「ドラゴンマークvs超人格闘兵団」クロノジェムあり
第12話「ドラゴンマーク 最後の一週間」クロノジェムあり
第13話「ドラコニウス/ドラゴン/ドラゴンマーク」×
第14話「かいりゅうのしまのドラゴンマーク」クロノジェムあり
第15話「ドラゴンマークの休日」クロノジェム×
第16話「7人のドラゴンマーク 超心理の決戦篇」クロノジェムあり
第17話「続・7人のドラゴンマーク ハイクラス・ディーヴァ激戦篇」クロノジェムあり

次回はいよいよ、ドラゴンマークの本懐に挑戦!
ボマー・ソルジャーの故郷、第二次世界大戦が最終戦争になってしまった世界を、救いに行く予定ですよ。


第16話「7人のドラゴンマーク 超心理の決戦篇」
基本クロノジェム:2
ボーナスクロノジェム:なし
CP:1人最低4点
スペシャルCP:2点
奪取兵器:轟音装置、毒ガス発生装置(3CG)
報酬:なし

第17話「続・7人のドラゴンマーク ハイクラス・ディーヴァ激戦篇」
基本クロノジェム:2
ボーナスクロノジェム:なし
CP:1人最低4点
スペシャルCP:2点
奪取兵器:黒い籠手、赤い籠手、ビームライフル、混乱装置(5CG)
報酬:200万円


以下、奪取兵器

黒い籠手
格闘動作:<手刀>を使用可能。受け-2
格闘動作:<リポスト>を使用可能。
格闘動作習得のCPは必要。

赤い籠手(マナクリエイター1つき)
3d火炎ダメージ 受けは不可
マナクリエイター1:火炎噴射、火炎武器、火球の呪文が素質無しで覚えられる。
呪文習得のCPは必要。

ビームライフル
エネルギー5発分充填 ダメージ10d叩き 能動防御-2
銃器:ビームライフル技能習得のCPは必要。

混乱装置
パワーレベル10
10m以内の対象に対して1秒集中。技能判定で対抗し勝つと10秒精神的朦朧。
混乱技能習得のCPは必要。



ドクター・フーのTRPGが出たらしい。

ファンタスティック!

タイトルは『Doctor Who: Adventures in Time and Space』

表紙には、10代目ドクターのデイビッド・テナント。
あと、ターディス、ダーレク、サイバーマン。

気になるのは、PCの立場かな。

コンパニオンとしてドクターに同行するのかな?
それともオリジナルのタイムロードを創れるのかしら?




富士樹海28層

▼続きを読む▼

富士樹海26層



▼続きを読む▼


 冬発売の新作の前に決着をつけるべく、アルタの富士樹海を攻略を再開!



▼続きを読む▼

 ひさびさにGURPSドラゴンマーク・キャンペーンのメンバーが集まりそう。
 楽しみ。




読了。

ローマ人への20の質問 (文春新書)ローマ人への20の質問 (文春新書)
(2000/01)
塩野 七生

商品詳細を見る


塩野七生の本はほとんど読んでないんだけど、面白く読めた。

面白いのは、おおざっぱな質問に対して、「要約して答えるのは無理・ローマ人の物語に書いてあるから読んでください」(意訳)ってな答えがされていること。

すげーな!
なんて誠実な宣伝。

塩野初心者の入門書としては良い感じ。




「禅問答っておもしろいよな」
http://waranote.blog76.fc2.com/blog-entry-1838.html

 が、おもしろかった。

 一休さんの頓知も禅なのかなぁ。

  …
  …
  …

 はっ!
 そうか!?

 ルナーの謎かけに、禅は使えるぞ!



▼続きを読む▼

 プレイヤーが、公職選挙通った検事をやりかったわけではないことが判明。
 ということで、検事補にすることで落ち着く。

 この件を調べながら、昔読んだ『推定無罪』のことを思い出してたよ。
 そういえば、あれには検事とか検事補とかたくさん出てたなぁ、と。
  
推定無罪〈上〉 (文春文庫)推定無罪〈上〉 (文春文庫)
(1991/02)
スコット・トゥロー

商品詳細を見る


 細かいところはあんまり覚えてないけど、面白かったことと、サンディ・スターン弁護士が好きだったことは覚えている。

 スターンのその後を描いた『立証責任』にはしんみりさせられたなぁ。


立証責任〈上〉 (文春文庫)立証責任〈上〉 (文春文庫)
(1995/09)
スコット トゥロー

商品詳細を見る



舞台はアメリカ、時は現代で、キャラクターを創ってもらっている。
プレイヤーの一人が「検事がやりたい」というので、軽く調べてみた。

……アメリカの検事って、公認選挙で選ぶのかーっ!?

これは日本とはだいぶ違うようだなぁ。
しかも、訳語は「検事」でも日本の「検事」とは、内容もかなり異なるらしい。

まぁ、国が違うわけだから当たり前か。
説明するためには、アメリカと日本の言葉の違いから説明した方がわかりやすいかな? そう考え、日本の検事についても調べてみた。

独任制?
検察官同一体の原則?

……む、難しい。

だが、ホラーに法曹をプラスするというアプローチは好みなので頑張ろう。


Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。