*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『葉露』が、ギリシャ神話のナルキッソスとエコー(水仙と木霊)の話と同じモチーフを使っていることに、ふと気がついた。モチーフは同じだが内容はまったく違うので原作と言うより、レヴィ・ストロースの言うブリ・コラージュに近いやり方だといえる。

巧みの技だ。気づくまで五年かかったよ。
スポンサーサイト


葉露が泉で再生するのは、彼女がずーっと、泉に写ったハヴェルの像を見ていたことと関係するということがやっとわかった。泉は歯露とハヴェルの接点だったからか




「なんで、もっとサイバーパンクっぽくプレイしてくれないんだよ!」
「だって、権威には反抗したくなるじゃん」



シノビガミをやっていて、自分の秘密を開いたら「君の正体は、超人ロック」って書かれていてビックリ、という展開はどうかなという妄想をした



▼続きを読む▼

 『四畳半神話大系』の含蓄深さに感嘆する日々であった。 思い立った時にラーメンを食いに行ける世界、それを極楽と呼ぶ。
 その主張に全面的に賛成する。

ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。