*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「どうやって踊る人形事件を解決したんだい、ロックシャッハ?」
「犯人を突き止め、この手紙を読ませた」
「へぇ、これかい?」

スポンサーサイト


▼続きを読む▼

「ホームズ、どうやって事件を解決したんだい?」
「単純な方法だ、ワトソン」
「へぇ」
「ヤツの小指を折った。二本目で話し始めたよ」
「君は本名を隠して偽名で活動するべきだよ。名前をひっくり返してロックシャッハとか」
「ふむ」



「足なんて飾りです、偉い人にはそれがわからんのです」

「馬鹿め! 足は盾にもなるし、ジャックナイフのように使うことで推進力にもなる!
 足がなかったら、どうやってフラッシャーから胴体を守るんだ!? おい、ビーン、こいつに手本を見せてやれ!」
「わかりましたよ、エンダー」



「厨二的なスタンドっていったら、やっぱりザ・ワールドだな! 時間停止!」
「バイツァダストの時間遡航もすごいぞ!」
「終わりがないのが終わりのレイクエムも強いよね!」
「俺はそんな派手なのはいらない、ただ、殴った物にジッパーを付けられればそれでいい」

「「「てめぇが一番厨二だよ!」」」




「ナンシーより緊急連絡。ターゲットの隕石が地球に向かって落下中。三発殴って逮捕せよ!」
「りょ~かい! 私のパンチを受けてみろ!」





オンセでは発言のタイミング取りが難しい。

その理由の一つは「あー」とか「ええと」とか言っ発言がないからである。

これらの日常生活でよくきく言葉は、無意味なように見える。
しかし、こうした言葉を発することで「私はこれから話しますよ」「まだ発言しますよ」という表現になっているのだ。

だから、「あー」とか「ええと」という発言がないと、その人がまだ発言したいのかどうかがわかりにくくなり、オンセでお見合いが発生することになるのである。


2.0.2.0のナイトシティには、ジャック・ヒギンズネタの神父がいて驚いたなぁ。
メジャー作家だと思うけど、trpg周りではあんまり言及されてるのみないね。

螺旋人さんくらいかな、よく名前出してるの

ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。