*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「なんか、よくわからない英霊呼んじゃったなぁ。まぁ、いいか、強そうだし。じゃあ、頼むぜ、ランサー」

「……カリノジカンダ」

スポンサーサイト



「この写真に写っているのが例の青年かねッ!」
「はい、そうです。ジョースターさん」
「感じるぞ、康一くん、彼からジョースター家の黄金の魂を感じるッ!」
「いえ、それはブチャラティさんです。ジョルノはこっちです」
「このキモイ亀を抱いているのが?」
「はい。あと、その亀はポルナレフさんです」




 死に死に死に死んで死の終わりに14番、生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに14番




 ワンパンマンが面白い。
 こんな面白い漫画が、ネットで手軽に読めるなんて幸せだなぁ。

 一話目のアメコミ風の扉絵が格好いいね。



 MOTHERの素晴らしさは、後半パワーゲームになるところだ。バレンタイン辺りから敵はガチなエイリアンやマシンになり、初期のほのぼのさは薄れ、最後に、巨大ロボvs戦車の激突に辿り着く。このパワーインフレが窮まった瞬間から、さらなら卓袱台がえしが始まり、ギーグ戦につながる。



▼続きを読む▼

「仮面ライダー・ウィザードっておかしいじゃん。石森はSFはやっても、魔法物とは無縁だし」
「無縁だって? はたしてそうかな?」
「違うって証拠があるのか?」
「不思議少女ナイルナトトメス」
「ぐはっ」
「魔法少女チュウカナパイパイ」
「げぼッ」
「魔法少女チュウカナイパネマ」
「わかこッッ」




「指輪持ってるライダー良いよね」
「そうだね」
「お、知ってるの?」
「もちろん。アングマールの魔王、ハムール、影の君主、穢れ、死なざるもの、黒の総大将、裏切りし者、ウンバールの騎士、ドゥイメルライク」
「いや、九人の幽鬼じゃなくて」



▼続きを読む▼

友達に「売れている」って話を聞いて読んでみたら、面白かった。

『R.O.D』やジョン・ダニングとか好きな人におすすめ。
あと、黒後家蜘蛛の会とか好きな人にもおすすめ。

「トルプル・デビル」みたいな話が満載だよ!

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。