*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日はフラフラで遊んできました。

幸いなことにたくさん人が集まったので、俺の卓は予定通り『ハンター:ザ レコニング』、もう一卓は暗転丸さんの『アルシャード ガイア』でした。

現代伝奇物祭ってわけですね。
内容は、ぜんぜん違いますが。

ガイアは「スタンダード現代魔法ファンタジー」だそうですけど、それにならって言うならハンターは「アンチスタンダート現代魔法リアル社会物」って感じかな(魔法はちょっと違うかもしれないけど)。ハンターにおいてファンタジックなのは、怪物とそれを狩る能力者がいるってとこぐらいで、それ以外は恐ろしい程リアル指向です。

プレイヤーをまったく逃避させてくれません。

頭ではわかっていたつもりですが、実際に遊ぶまでは、こんなにそれが厳しいとは思いませんでした。

感想を一言で示すなら
『ハンター:ザ レコニング』は
「面白いが、心地良く無いゲーム」
でした(ストーリーテラーが言うのもなんだけど)。

面白いんだけどねぇ。

現代社会を舞台に運命に選ばれしハンターが怪物たちと戦うなんて、いかにもな設定使っておいて、こんなゲームをデザインしちまうホワイトウルフ社は、やっぱ凄ぇよ。


この記事へコメントする















ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。