*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


吉本ばななの「サウンド・オブ・サイレンス」を読んだ。

短編集『体は全部知っている』に入っている短編である。

すごくいい。

体は全部知っている (文春文庫)体は全部知っている (文春文庫)
(2002/12)
吉本 ばなな

商品詳細を見る


吉本ばななは超常現象からまない話の方が好きなのだ。

吉本ばななのデビューからちょっとしたあとの作品には、幽霊やら超能力やらの超常現象的要素が日常の中に入り交じりつつ、女性の主人公が色々ありつつもなんとなく日々を生きていく的な話が多い。

しかし私の日常には、超常現象的要素は皆無なので、そういう話には共感しにくくて苦手である。
なのだが、吉本ばななの語り口は好きなので、「超常現象がからまないのが読みたいなー」と、いつも思う。
だから今回読んだ話はとても楽しめた。

吉本ばななのキャラが過去を思い出す時の語りが特に好きなのだ。

ノスタルジックな感じを出しながら、しかしそれはそれとして現在を生きていて過去に戻るつもりはまったくないという断固とした意志の描き方が好きなのだ。

この記事へコメントする















ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。