*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アブトル・ダムラル
オムニス・ノムニス
ベル・エス・ホリマク
われとともにきたり
われとともに滅ぶべし

『三つ目がとおる』より、写楽保介の呪文



『三つ目がとおる』をまとめて買うことができたので、4冊ほど読む。

かなり前に、アニメで見て以来、ずっと読みたいと思っていたのだ。
写楽保介と和登千代子、そして赤いコンドルがどうにも忘れられなくてね。


で、感想だけど、期待通り面白かった。
満足。

個人的には、長編よりも短編の方が好きかな。

長編は、奇妙な謎に対し写楽と和登が立ち向かうという、今となってはよくある筋書きなんだが(この当時は斬新だったかもしれないけど)、短編の方はちょっと趣が違う。

三つ目になった写楽が恐ろしい発明をしたり過去の遺物を発見して、それを使ってとんでもな事態を起こそうとしたところを、和登がバンソウコウを貼って止めるタイプの話が特に好み。

日常から始まった話が、写楽の能力により一気にすっとんで全世界的危機になりそうになるけど、バンソウコウによって三つ目が封じられると、事件が一瞬にして収束してしまうダイナミックさが面白いのです。

この日常生活のミクロと世界的危機のマクロが、一瞬にして交錯するってのがぐっとくるんだよね。


この記事へコメントする















ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。