*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひさびさに『BOOTHILL』のルール読んだり、ネットで情報を見たりしてたら、熱が上がってきましたよ。

速水螺旋人さんの「空とぶ速水螺旋人」の2000年10月29日の日記に書かれている

『Boot Hill』:20年前のアメリカのウェスタンRPG。ころころキャラが死ぬいいゲームです。
銃口がこっちに向いて心底恐いゲームというのはこれぐらいじゃないかなあ(笑)。


という説明は、このゲームを的確に表した素晴らしい言葉ですねぇ。

実に楽しくなったので、むかし遊んだセッションについてまとめなおしてみましたよ。
『BOOTHIL』を遊んだのはこのときが初めてやったんですが、とても楽しく遊べました。慣れるまでは細かい数値計算が大変でしたが、シンプルで良くできた西部劇ゲームだなぁと、すぐに思うようになりましたよ。

その時の予告がコレ。

------------------------------------

西部のとある町は、今、苦しみの中にあった。
鉄道が町の近くを通ることを知った牧場主が、転売を狙って、町の土地を買い占めようと動き始めたのだ。土地を売るのを渋る住人達。それに対して牧場主は腕利きのガンマンを雇い、恫喝を行い始めた。気の弱い人々は町を離れ始め、保安官も日和見を始める始末。

このままでは町は乗っ取られてしまう。
町をこのまま奴らの手に渡すわけにはいかない。

そう考えた町の代表たちは牧場主側の力に対抗するために、こちらも腕利きのガンマンを雇うことにする。しかし、腕の良いガンマンは一癖ある連中ばかり。油断していたら、仲間として雇った連中の方に骨までしゃぶりつくされかねない。

強大な敵と戦うために、作戦をたて、手を組み、だしぬき、交渉し、裏をかけ!
町の運命を担っているのは信用ならないガンマンじゃあない。
担っているのはPCたち、町を愛し、町のために行動を起こす、町の代表者なのだ!
ガンマンだけが西部じゃないぜ!

--------------------------------- ---

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。