*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「蓬莱をプレイヤー5人でやると、全員のモチベーションを一方向に向けるのが難しい」(要約)ってなことを、前回の日記が書いたわけですが、それに関するちょっとしたテクニックをふと思いついたのでメモ。

シナリオの内容を事前に予告しておいてから、キャラクターをつくってもらえば良いんじゃないのかな?

そうすれば、生活態度とかクラブとか、シナリオにそったものにしてもらえる可能性は増えそうです。

逆に言えば、予告することで、プレイヤーに「うーん、それならこれまで使ったことなかった、このクラブにしてみようかな」と思わせることもできそうだ。

シナリオ・ブックをやる場合には「発端」のところをキャラクター作成前に読み上げるのがよさそう。

建物作るような話なら、土木建築研究会
ロケット作る話なら、ロケット工学研究会、現代物理学研究会、飛行委員会。
海メインの話なら、海洋冒険部、ヨット部、海洋学研究会、港湾委員会

といったように、そのシナリオに絡みやすそうなクラブや委員会の目星をつけやすくなりますからねぇ。目星がつけられないと、どうしても汎用性のあるクラブや委員会が選ばれがちになってしまいます。悪いことじゃないんですが、あれだけ組織があるのだから、もっと幅広く選んでほしいんですよ。

「混沌としてたほうが蓬莱学園らしいじゃないか!」って意見はあると思いますし、それはそれである種の真理だとは思うのですが、使える手管は多いにこしたことはないでしょう。

まぁ、アクトレーラー使うゲームがたくさんあるこのご時世、予告するなんてありふれたアイデアではあるのですが、でも、書いておかないと忘れるのですよね。

あ、でも、「放課後!!」とか「秘密!!」とか「探検!!」のシナリオで、もう行われてる可能性はあるなぁ。




この記事へコメントする















ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。