*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「人生は石に刻むものだ。何度でも書きなおせる紙に書いたって意味はない」
                             キリヤ・ケイジ、 『All you need is kill』より


ALL YOU NEED IS KILL (集英社スーパーダッシュ文庫)ALL YOU NEED IS KILL (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2004/12)
桜坂 洋

商品詳細を見る


 『All you need is kill』を読んだ。
 これはいわゆる繰り返し物に属する話だといえる。ループする一定期間の中で主人公が誰かを助けようとしたり、ループを終わらせるために奔走したり、あるいはループを利用して好き勝手やったりするアレである。

 繰り返し物の舞台は学園物が多いが、この話の舞台は、戦争である。それも、ギタイと呼ばれる謎の敵との戦争だ。
 この話の主人公、キリヤ・ケイジはなぜだかかわからないうちにループの中に入り込み、何度も何度も死にながら、訓練と戦争の二日間を繰り返していく。

 この話の面白いところは、繰り返し物と戦争物を合体させたところにある。
 はじめはルーキーだったキリヤが、戦闘を繰り返すことによって、徐々に経験をつんでいっぱしの兵士になっていき、やがて達人の域にまで達していくさまの描写が面白いのである。



▼続きを読む▼

この記事へコメントする















ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。