*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『スターレジェンド』を遊んだ後の食事で、プレイヤー参加してくれたはやかわさんとした『VAMPIRE:THE DARK AGES』の話が、めっちゃ面白かったので忘れないうちに書いておきます。

『VAMPIRE:THE DARK AGES』は、ホワイトウルフ社が出している旧ワールドオブダークネスシリーズのうちの一作品で、日本でも翻訳が出ている『ヴァンパイア:ザ マスカレード』の姉妹作品にあたる作品です(新しい展開がはじまったので旧と書いておく)。

『ヴァンパイア:ザ マスカレード』は現代が舞台でしたが、『VAMPIRE:THE DARK AGES』は中世暗黒時代が舞台であるのが最大の特徴です。

技術が世界を革新する前のヨーロッパに君臨する、夜闇の支配者ヴァンパイア。

なんと格好のいいイメージを喚起してくれる作品でしょうか。
まぁ、若い世代のキャラクターは相変わらずあごでこきつかわれていて、格好いいって感じではないとは思うのですが、とりあえず私は『VAMPIRE:THE DARK AGES』にそんな美しくも恐ろしい幻想的なイメージを抱いていたのです。

ですが……


「ダークエイジですか、良いですよね、ヴァンパイアが支配者だった時代のゲームなんでしょ?」

「でも、血を吸うのには苦労するんですよ」

「というと?」

「ヴァンパイアは日が落ちてから行動はじめるんですが、日が落ちると人間はみんな寝てしまうんです」

「ああ、そうか。ディスコもナイトクラブもありませんからねぇ」

「一応、悪い奴らや金持っている貴族とかは夜も起きているんですが」

「なるほど、そういう奴らを襲うんですね」

「でも問題があるんですよ」

「ヴァンパイアが人間を襲うのに、なんの問題が?」

「この時代の照明は、みな火を使っているんです」


ここで、大笑いですよ。
いやぁ、笑った笑った。

ワールドオブダークネスシリーズのヴァンパイアが、火に対する強い恐怖症を持っているってことを、すっかり忘れていました。

いや、覚えてはいたんですが、関連づけて考えていませんでしたよ。

そういえば、あいつらはわざわざ煙草をすって勇気を見せつけるような連中でしたねぇ。

こんな罠がはってあるとは、ホント、マゾゲーですよ。
ヴァンパイアシリーズは。



この記事へコメントする















ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。