*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小説版の『ねらわれた街』では、基本的に話の中心は、蘭と翠の関係に置かれている。
考え方の違いや、徐々に生まれてくる友情、超能力者同士の連帯感など、二人の間の関係性がストーリーの中心となっている。

留衣や事件の黒幕も、確かに重要なキャラクターではあるが、話の中心はあくまでも蘭と翠だ。

一方のアニメ版ではどうも翠の出番が少なく、違和感を感じていた。

そんな中、「よう来なさった!」さんの第1話のレビューを読んで、その違和感の正体がわかった。確かに、留衣が走っていって、その最後に蘭が待っているっていう構図は変だ。そこは蘭と翠だろうって意見は全くその通りだと思う。

もしかするとアニメ版は、蘭と翠の関係が主軸になっているんじゃなくて、蘭と留衣の関係の方が主軸なんじゃなかろうか。

そういう解釈で描いていると考えると、ここ2回までの流れはわからなくはない。思い出してみると、留衣の出番は結構多かった。もしそうなら、それはもう全然別な話って感じがするが、それもまた一つの描き方ではあるなぁ。



この記事へコメントする















ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。