*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


・今回は年齢・職業・信条をプレイヤーにあらかじめ考えてきてもらった状態でキャラクター作成を開始。それでもかなりの時間がかかった。先にキャラクターシートを渡しておいて、能力値と技能もあらかじめ決めてもらえば、さらに時間短縮が可能だろう。とはいえ、それにはプレイヤーのWoD慣れがある程度必要だが。

・初期獲得可能なエッジすべてが書いてあるサマリーがあると、おそらく便利。キャラクター作成時にも有用。また他のキャラクターがどんな特殊能力を持っているのか把握することができるようになり、戦略的あるいは戦術的な相談がやりやすくなる。暇があったら作っておきたい。

・PCの家族についてはキャラクター作成時につっこんで聞いておいた方が、セッションは面白くなりそう。今回はハンターの家族が重要にならないシナリオだったので油断していた。

・『Hunter:The Reckoning』に議論はつきものである。そして、議論がまとまらなくても、プレイの終了時間はやってくる。その時にどうセッションを締めるかは、このゲームのストリーテラーをするうえで大きな問題となる。今回はうまくいったが、いろいろと考えておくべきだろう。

この記事へコメントする















ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。