*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 このあいだやった「クトゥルフと忍者」のキャラクター作成時に、STRが10増える『比叡山炎上』の特技《水虎》の有用性について話し合った時にこんなことがありました。


「えーとですね、
 相手に組みついていられるかの判定がSTRの対抗判定ですね。
 STRが10も高くなれば、敵にえんえんと組み付き攻撃できますよ。
 『ワハハ、俺の組みつきから逃げられんぞ、このまま絞め殺してやる!』
 みたいなことができますね。けっこう強いかも!

「でも、それってさ、忍者漫画とかだと、死に台詞じゃないか?」

「え?………

 『ワハハ、俺の組み付きから逃げられんぞ、このまま絞め殺してやる!』
 『勝ち誇るのは、俺の忍術を見てからにするんだな』
 『ば、ばかなー、ぐわー』

 ………そうですね」


 情景が目に浮かんだね。
 序盤で雑魚敵を、組みつきでやっつけていたりすると、もうダメ。忍者物特有ってわけじゃないが、よく見る展開であります。

 こんな妄想ができる『比叡山炎上』はやっぱ面白いですよ。
 他のクトゥルフにも忍者とか出せるようになるってのは良いね。



この記事へコメントする















ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。