*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 飲み会では『Pendragon』の話もしてきました。
 『Pendragon』はかなり興味のあるゲームなので、楽しかったです。

 騎士のみに注目が集まってしまいかねない題材なのに、女性が社会に及ぼすパワーをルール的に表現しているってところがグッとくるのです。

 騎士が主人公的立ち位置のゲームでありますが、視点を変えれば、あら不思議。貴婦人がロマンスの手管で騎士達を操って権力争いをする世界に早変わりです。

 このへんは、グローランサでも女性には女性の社会があることを表現したグレッグ・スタフォードならではって印象を受けます。
 オーランスのルーンロードだって、アーナルダの司祭を怒らすと厄介なことになるだろうなと思える世界ですからね、グローランサは。そんなことしたら、家の中で母ちゃんや姉ちゃん達に何言われるかわかったもんじゃありません。

 おかげでギネビア王妃がほんと恐ろしい存在になってます。
 とんでもない美しさにものを言わせて、騎士に強いあこがれをもたせたあげくに、それを利用して何かさせるってコンボが使えるわけですから。

 精神への干渉能力に限って言えば、オールドワン級の存在ですよ。
 なんたるケイオシアム生物か!
 ギネビアだけサンディがつくってんじゃないのか!?

 こえー。

 しかも、旦那がアーサー王で、秘密のロマンスの相手が円卓最強の騎士ランスロットですよ。もう手におえん。

 と、こんな話で盛り上がってました。
 まぁ、そんなに『Pendragon』に詳しいわけじゃないんで、ほんとにこういうゲームなのかどうかはちょっと自信ないですけど。

 でも、私が『Pendragon』やるんなら、この感じは外せないですな!

 「Your Camelot Will Vary」の心意気でいきたいものです。


この記事へコメントする















ヤネウラ

Author:ヤネウラ
私ヤネウラがけっこう衝動的に、ゲームとかTRPGとか漫画とか小説とかジョークとか、そういったものについての思いのたけを書きつらねているブログ。好きなジャンルはSF、推理、冒険、恐怖、幻想、神話あたり。コメント、リンク、トラックバックは大歓迎ですよー(でも内容に関係ないのは勘弁な)。

TRPGのプレイレポートはこちら

「わたしのすきなもの」に関してはこちら。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。